TOEFL情報サイト

TOEFL対策予備校


TOEFL対策の予備校

TOEFLは英語圏の学校にはいって授業についていけるかどうかを判定する大事なテストです。

TOEFLで学校側の決めた最低点をクリアできなければ、入学しても英語の授業が到底理解できませんよ、ってことです。

ですから当然自分自身で英語の基礎力から鍛えて、応用力の効く域にまでレベルアップしていかなければならないのですが、TOEFLというある種特殊な試験に対しては「試験対策」というものが必要となってきます。

レベルは違いますが、「試験対策」が必要と言う点ではTOEICや英検と同じです。

出題傾向や問題形式、問題数や時間配分、どんな答えが好まれるのか、などなど、事前に調べてそれに対する準備は絶対に必要です。

が、これは1から始めるとなるとなかなか時間のかかるものです。

特に短期間で目標点を出す必要のある人にとっては、これらを調べる時間も惜しい事だと思います。

そこで多くの方が利用するのが「予備校」です。

英会話スクールが平行して教えている所もありますが、「留学」を専門にしている所はTOEFLの対策講座を開講しています。

授業料はどこの学校もそう安くはありませんが、TOEFLの対策に特化している学校は短期間で点数を上げさせる為の受験ノウハウを日々研究して、コツを教えてくれます。(のはず)

スピーキングやライティングだったら回答の雛形を、リスニングだったら聞き取りのポイントやメモの取り方とか、リーディングだったら長い文章を読む際のスキミングのコツ、などなど。高い授業料に見合った「何か」を得られるはずです。

独学では時間がかかり過ぎる、と思う方は、まずは1ヶ月だけとか1クールだけと期間を決めて試してみてはどうでしょうか。

全体の勉強の仕方のコツがわかった後は、自分なりの勉強スタイルでの独学でも加速的に点数アップが期待できるはずです。

以下、TOEFLを教えている有名スクール一覧です。

アゴス・ジャパン(東京)

イフ外語学院(東京、大阪)

海外進学センター(東京、大阪)

駿台留学センター(東京)

KEC外語学院(大阪、京都)

トフルゼミナール(東京、大阪)

国際語学センター(東京、大阪)

トフルアカデミー(東京)

SEA国際教育研究所(北海道)

国際外語センター福岡大橋(福岡)

ELSランゲージセンター(東京、福岡、札幌、名古屋)

ECC(全国)


TOEFL予備校の短期講座は効果あるのか?

TOEFL専門の予備校では、不定期に(もしくはシーズンごとに)短期講座や集中講座を開講しています。

数回の受講から1日集中講座まで、お手軽に受講出来る講座が増えているようです。

しかし、数回の受講でそれなりの「効果」が感じられる人はそう多くは無いでしょう。

驚くほどの効果が!と言う人もいますが、それはその受講までにかなりの勉強をして、それなりの基礎力を蓄えた人です。

基礎力はあるけれど、テスト対策がよく分からなかった人には、予備校の特化した解き方を教えてもらうと驚くほど点数が伸びたりするものです。

短期受講で習ったことをすぐにテストで実践出来る基礎力の有る人には、予備校の集中講義というのは素晴らしい特効薬となることでしょう。

しかし、英語の基礎力のない人に小手先のテスト対策は役に立ちません。基礎が無ければ当然テストでの「応用」がきかないのですから。

さて、ココで言う英語の基礎力とは、勿論「文法知識」と「語彙力」です。

TOEFLテストがiBTに変わって、ストラクチャー(文法)が無くなったので、特別勉強しなくなった人が多くなっていますが、文法力はiBTでも全てのセクションにおいて必要な基礎力となります。

長文読解が苦手な人、英文を書くのが苦手な人は、単語と一緒に文法知識も見直して「確実に」覚え直しましょう。

TOEFL Test ITP文法問題対策満点マニュアル―パワフルコードであなたの弱点がハッキリ見えてくる!
林 功
おすすめ度 ★★★★★


★★★★★
 2008-09-12 絶対オススメ
文法問題は、これで知識の定着をして問題演習をこなすのが絶対ベスト。


★★★★☆ 2008-03-12 パワフルな大学生うさこ
≪目からウロコ≫の本をゲットしました。『TOEFL Test ITP文法問題対策満点マニュアル』。
「TOEFL、あまり興味ないなぁ」と思いながらも、なにげに“パワフルコード”というキャッチにつれられて購入したら、これがすごい内容。パワフルコードという「英語のつぼ」をおさえるコーナーは、なにもTOEFLだけに限ったことではなく、今、夢中で整理しています。大学の授業よりためになる1冊です。

★★★★★ 2008-02-25 パワフルコードで高得点
この本の特徴はなんといっても「27個のパワフルコード」に尽きる。
この「パワフルコード」は、受験者の弱点を見つけ、その弱点を的確に分かりやすく解説している。

「セクション別ワンポイント・アドバイス」もこの本の特徴のひとつで見逃せない。
「27個のパワフルコード」の丸暗記だけでも非常に役に立つと思う。

>>もっと詳しく見る